ミノキシジルを有効成分とする育毛剤ロゲインの気になる注意点や副作用

ミノキシジルを有効成分とする育毛剤ロゲインの気になる注意点や副作用

世の中には元々は違う目的で開発されていたのにも関わらず、開発途中に違った目的で使用できることが判明するということがあります。
育毛剤として有名なロゲインもその一つです。
世界でももっとも売り上げがあるとされているアメリカの製薬会社であるファイザー社が開発したこの薬は、元々は高血圧患者用の降圧剤として開発されていた薬です。
しかし、副作用として育毛効果があるということがわかったために今では育毛剤として販売されているのです。
有効成分であるミノキシジルは日本皮膚学会でも認められているほどの成分であり、その安全性については折り紙つきと言えます。
ミノキシジルがどのようにして育毛に効果を発揮するのかというと、ミノキシジルには血管を拡張させる働きがあるのです。
頭皮に塗布することによって血管を拡張させ、毛母細胞へ栄養を送っている毛乳頭の働きを活発化させることによって育毛を促す効果が期待できるのです。
このように確かな育毛効果が期待できるロゲインですが、M字型の薄毛には効果が薄いという弱点もあります。
また、発症率は低いのですが人によっては頭皮のかゆみやかぶれなどの副作用が出ることもあるので注意が必要です。
低血圧の人も使用するのは控えるようにしましょう。